スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

フィラリア症 犬が蚊に刺されてなる病気

フィラリア症とは、フィラリア症に感染した犬の血を吸った『』が、他の犬を刺す事により、病原虫が移ることによって起こる病気です。

寄生した病原虫は、寄生した犬の体内で成虫となり、心臓や肺動脈に寄生し、死にいたるります。

予防方法:

フィラリア症は、春から夏にかけてなりやすい感染症です、春頃に獣医さんに感染していないか血液検査の診察してもらい、が出る前から蚊がいなくなるまで予防薬を月1回ほど飲むことになります。

なお、薬は体重によって量が変わりますし、妊娠中の場合にはフィラリア症を飲ませないほうがよいという獣医さんもいますので、かかりつけの獣医さんとよく相談してください。

フィラリア症の薬は、通常は4月中旬から11月頃まで飲ませるのが一般的ですが、近年では冬場にも蚊がいることが多いとの理由から、さらに長く服用させる方もいるようです。

近年ではフィラリアの予防注射も使用できるようになり、こちらは生後6ヶ月からでも使用でき、妊婦犬にも使用できます、この注射は打ってから6ヶ月間という長期間予防できますが、その一方、副作用などがあるので獣医さんと相談の上どちらを利用するかの判断が必要になります。

そのほかにも、室内外問わずに、蚊取り線香や、網戸などを寄せ付けないための工夫も必要です。

フィラリア症の症状

血尿、頑固な咳、鼻汁、結膜炎、腹水がたまる、呼吸困難など
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

フィラリア症 犬が蚊に刺されてなる病気 | 愛犬の病気についてサイトトップへ